鹿鳴館時代

陸奥亮子大抵の人はこの写真を見た記憶があると想う、明治に改元されてからのち数年ですが、「鹿鳴館時代」と言われた短い時期があり、そのときに世界に羽ばたいた女性「陸奥亮子」さんである。

外交官の主人「陸奥宗光」について欧州に渡り、日本の小説を英訳し日本文化の紹介に尽力するとともに、「自立する女性」として周囲に認識させ会話を紡ぐことにより進歩が進むとの信念のもと積極的に溶け込み西洋文化とくにミシンでもって文明開化を勧めた女性である。政治革命ではなく社会革命に目を向けた女性であった。

昨今の堕落した政治指導者は再度研究してみてはいかがかな?     おわり

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中